水漏れを修理しよう

賃貸物件で水のトラブルになったらどうするか

賃貸物件で水のトラブルになったときは、基本的には管理者に連絡して対応の指示をしてもらいます。

気付かない間に階下に水漏れが発生し、損害賠償を求められることもありますが、このときも当事者だけで解決しようとすると揉める恐れがあるため、管理者の仲介が必要です。この例の場合、自分が蛇口を閉め忘れるなどの過失があったときは弁済しなければなりません。しかし、設備の老朽化で水道管が破損して水が漏れていた場合には入居者には責任がなく、管理者側の問題になります。

このように水のトラブルでは誰が修理や被害の賠償を行うのか、という点が重要になるので、自分の判断だけで対応しないように注意します。水のトラブルはパッキンなどの消耗品の破損であれば自分でも修理できますが、過失がない場合は通常は管理者が費用を負担するので対応を依頼した方が良いでしょう。自分で行って取り付けに失敗したことに気付かなかった場合、水漏れが再発して大きな被害が出る危険性があります。

また、万一のことを考えると、個人賠償責任保険に加入しておくと安心です。蛇口から少し水が漏れている程度であれば、1万円もかからずに修理できることも多いです。しかし、広範囲に被害が出て床や天井、階下の家財にまで損害を与えれば数百万の賠償額になる場合もあります。個人で容易に支払える金額ではありませんので、保険の加入を検討しましょう。なお、これは他者に対する補償であり、自室の場合は借家人賠償責任保険になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *