水漏れを修理しよう

古くなった住宅の水漏れの修理は簡易的に行えます

水漏れが起きた際には通常では完璧に修理することが前提ですが、古くなった住宅の場合は、簡易的な補修でも構わないという条件も少なからずあることです。

数年以内に住宅を手放したり、引越しする予定があったり、建て替えをする時期が決まっているような場合では、完全に直すことが必要な範囲と、そうではない範囲に分けられます。水漏れで水道管に穴が開いたことで修理が必要な場面では、水道管の交換作業が必要になり、これを持って完璧に直せます。

しかし、交換には水道管本体の価格と、工賃が掛かってしまい、古くなった住宅では新品に交換する必要性を感じないという方もいます。簡易的に水道管の穴から発生する水漏れを修理するには、融着テープを利用する方法は効果的です。ネット通販の他、ホームセンターでも取り扱いがあるので、水道管用の融着テープを巻き付けるとお手軽に補修できます。バンデージタイプなので素人でも簡単に作業ができるメリットがあります。

穴の状態が大きい場合は、融着テープでは対応できないことがあり、他の手段を選ぶことが必要です。水漏れ修理用のパテが販売されていて、完全に硬化すると金属同様の硬さを実現できます。パテを利用する際には、止水栓を閉めてから作業に入ることは欠かせず、いわゆる水落とし作業を行ってから使用することが基本です。パテは粘土状のものがあり、自由に形状を作ることができるので、厚めに盛ることと範囲を広げることで水漏れの修理を簡易的に済ませられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *