水漏れを修理しよう

水漏れが発生した時の対処法と修理依頼について

水漏れの原因には給水配管が原因の場合と、排水配管が原因の場合の2種類が存在します。

給水配管が原因の場合は水の勢いが無くなったり、破損箇所から水が噴き出すといったわかりやすい現象を引き起こすことが多いため、早期に気付きやすいです。対して排水配管が原因の場合はじわじわと漏れ出ることが多く、なかなか気づけないので深刻な事態を引き起こすことがよくあります。

集合住宅等では階下の部屋の天井に水漏れを引き起こし、大きな損害を与えてしまうこともあります。水漏れが発生した時は慌てず落ち着いて対処することが大切です。もし発生箇所が洗面台で給水配管が原因であると判断できたなら、洗面台下にある元栓を閉じましょう。排水配管が原因なら漏れている水を拭き取り、可能であれば配管の接続部を交換するといった対処を行いましょう。

トイレの場合は給水配管・排水配管に加え、止水栓やトイレタンクから水が漏れ出るケースもよくあります。ただ単にナットが緩んでいただけという場合もありますので、まずはナットを締め直してみましょう。次に修理を手配するのですが、もし賃貸物件に住んでいる場合は速やかに管理会社に連絡し、そちらから修理手配をしてもらいます。

持ち家の場合はすぐに修理業者を手配したいところですが焦ってはいけません。症状が軽い場合は応急処置をしっかりと施し、業者選びはじっくりと行うようにしましょう。良い修理業者を選定するにはインターネットを活用して口コミ情報を収集する他、数社から相見積もりをとるのも有効です。
水漏れの修理のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *