水漏れを修理しよう

排水管の詰まりや漏れの対策方法

生活の中で欠かせないキッチンやお風呂場、洗面台など排水溝が設置されている場所は数多くありますが、毎日排水が流れている部位でもあるので住み始めてからだいぶ経つ家やマンション、アパートの場合、排水管や排水溝などが劣化しやすくなります。

この劣化が起こりやすくなるのが、新しい排水管にしてから約10年が経ってからといわれているので、時間が経っている場合はいつどこで水漏れや詰まりが起こってしも珍しくありません。一般的に水道の専門業者に依頼して修理をしてもらう方法もありますが、簡易的な修理などは自分で対処法を理解しておくと、水漏れや詰まりのトラブルが悪化するのを防ぐことができます。

まず排水管や排水溝から水漏れが起こる原因として挙げられるのが、パイプの詰まりが発生している可能性が高いです。特にお風呂場や洗面所は、髪の毛や流れやすいのでどんどん汚れが蓄積すると接続部分から水が漏れてしまいます。他にも老朽化や地震が発生することで接続部の緩みが発生し、緩んだ部分からポタポタと水が流れて止まらなくなっている可能性もあります。

放置すると排水パイプの破損や工事を行う必要がでてくるので、早めに接続部の緩みを適度に締めるようにしましょう。この時にがっちり閉めてしまうとパイプに圧力がかかりやすくなり、破裂や破損を引き起こすので、締めすぎないことがポイントです。排水パイプの詰まりを解消するなら、パイプクリーナーなどの洗浄剤を利用して内部の掃除をこまめに行うことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *