水漏れを修理しよう

水道詰まりを修理するには

水道詰まりを修理するには排水管の構造を理解しなくてはいけません。

排水管は台所からの水を下水菅へと流すものです。排水管の形状はL字やS字になっていることが多いのですが、それは悪臭や虫の侵入を防止するためです。しかし汚れが溜まりやすい場所でもあり、水道詰まりの原因にもなっています。水道詰まりの原因の多くは油汚れと食材カスです。油汚れは粘り気が強く水に溶けないので、排水菅に溜まりやすい性質があります。食材カスも排水管に張り付きやすいので油汚れと一緒に溜まってしまいます。

応急修理するにはタオルとお湯を使う方法があります。まずシンクのゴミ受けを外してタオルを詰めます。次に60℃のお湯を溜めてからタオルを抜いて流します。これは完全に詰まっていなければ使える修理方法です。トイレの詰まりでよく使われるラバーカップも良い方法です。まずラバーカップを排水溝に隙間なく被せます。次にラバーカップよりも高くなるように水を溜め、ゆっくりと下に押し付けます。

そして下まで押し付けたら引き上げます。これを繰り返すと水道詰まりが解消されます。お湯を使った方法は効果的ですが、高温になり過ぎると排水管が変形してしまうので逆効果となります。一般的には60℃なら問題ありませんが、45℃でも変形するものもあるので予めシンクの性質について調べておくと良いでしょう。自分で応急修理しても上手くいかない場合は修理業者に依頼するのが賢明です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *