水漏れを修理しよう

簡単なトイレのつまりと漏れの修理と他の選択肢

トイレの場合、劣化が進むとつまりや水漏れが起きてしまうものです。

つまりはラバーカップを持っていると便利でもあり、自力で直せる可能性はあります。水漏れは場所により違いはあるので、水栓機器類の知識が無いという方であれば、修理会社に直してもらうことが最も良い方法です。この程度の簡単なトイレのトラブルであれば、大きな費用を掛けずに直すことはできますが、あまりに古くなっている場合で、何度もつまりが起きていたり、水漏れの原因が床下にあるという場合では、料金は高めになることは避けることができません。

簡単なパッキン交換は高くても5、000円程度で直すことができますが、床下のトラブルを事例にすると80、000円以上の料金が掛かるという可能性もあります。トイレの床下で接続されている水道管が問題となっているケースや、止水栓が破損している状態では、普通は床板を壊して直す方法が行われています。その際にはトイレ本体も外すことが必要になるので、料金は割高になります。

もしもトイレ本体が新しいものをお使いの場合は、出費をしても修理してもらう価値はありますが、既に老朽化している旧式のタイプをお使いの場合は、全てをリフォームする選択肢もあります。床下の水道管の復旧、止水栓の交換、床材やクロス、便器といったフルリフォームを選んだ場合、面積や用いる材料、便器のランクで違いはあるものの、25万円程度から35万円程度の予算でフルリフォーム可能な会社があるので、この機会に検討してみることも悪くはありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *