水漏れを修理しよう

蛇口の漏れの修理はプロに任せるのがお勧め

水道の蛇口から水が漏れているのを発見した時、まずはどこから漏れているのかチェックすることが大切です。

先端の口の部分なのか、パイプの付け根なのか、ハンドルの下なのか、蛇口の取り付け部分なのか、場所によって修理のやり方も違ってくるからです。場所を特定することにより、被害を最小限に抑えながら、ピンポイントで修理することが可能です。また、蛇口の種類もポイントです。大きく分けて2つあり、シングルレバー混合水栓と、ハンドル混合水栓です。

前者は、レバーは1つだけで、それを上下左右に動かすだけで水量を調節したり、お湯に切り替えたりすることができます。最近の建物にはこのタイプが取り付けられていることが多いです。後者は古くからあるタイプで、冷水と温水の2種類のハンドルが付いています。このタイプは構造が単純な造りになっているので壊れにくく、修理もしやすくなっています。水漏れの場所や蛇口の種類が分かったら、それぞれに合った工具を用意します。

ナットを緩めたりするのに便利なモンキーレンチやフライヤー、蛇口そのものを外す時に利用する水栓レンチ、精密ドライバーやピンセットなどです。交換する部品の購入も必要です。バルブカートリッジやパッキンなどです。ホームセンターやDIYショップで相談すれば、必要な工具や部品、また直し方もある程度は教えてもらえます。

但し、水漏れがひどくて一刻を争う事態だったり、自分で修理する自信のない方は、プロに依頼することをお勧めします。24時間365日いつでも対応してくれる会社がたくさんあり、素早い対応が期待できます。依頼する際は事前に見積もりを出してもらいましょう。1社だけでなく複数の会社に出してもらうことが大切です。複数の会社に一括で見積もりを依頼できるサイトもあるので、活用してみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *