水漏れを修理しよう

蛇口からの水漏れを自力で修理する時のポイント

蛇口からの水漏れが発生し、業者に頼まず自力で修理をする場合のポイントは、まず水漏れの原因となっている箇所(排水口・排水パイプと本体の接続部・ハンドル部・蛇口の取り付け部)の特定をする必要があります。

完全にハンドルを閉めているのに蛇口の排水口から水がポタポタと漏れている場合は、蛇口の内部にあるコマという部分についているパッキンと呼ばれるゴム状のパーツが劣化しているということが主な原因となります。この場合、ハンドルを工具で取り外して新しいものと交換すると改善されます。

排水パイプと本体の接続部分の場合は、同じく接続部のパッキンの劣化もしくはナット(パイプと本体をつなぎ合わせているねじ)が緩んでいる可能性がありますので、まずはナットを工具を使用してしっかり閉めてみて、改善されたか確認してください。それでも改善されない場合は接続部のパッキンが原因となるので、ナットを取り外してパッキンを新品に交換すれば改善されます。ハンドル部分の場合は、ハンドルと本体を接続しているナットについている薄手パッキンの劣化が主な原因ですので、この修理方法は、ナットを取り外すと古いパッキンが内部にくっついていますので、完全に取り除いたのを確認してから新しいパッキンを取り付けてください。

古い断片などが残っていると新しいものに交換しても水漏れが改善されない場合があります。上記の箇所が原因でなく、蛇口の取り付け部分の場合は接続部についているパッキンの他、固定するためのシールなどが劣化していることが原因ですので、この場合は本体を工具で取り外し、パッキンと固定するためのシールの交換をすれば改善できます。このように水漏れを自力で修理する時には、ほぼ各箇所にあるパッキンというものが劣化していると判断し、新しいものに交換すれば改善されます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *