水漏れを修理しよう

蛇口の漏れの修理の仕方は?

水周りは大なり小なり様々なトラブルが発生しやすいですが、その際たる内容の一つが蛇口の漏れです。

しっかりと閉めたはずなのに、じわりと水が出てきてぽたぽたと落ちてくるのも良くあることでしょう。自分でも修理をすることはできますので、慌てずに状況の確認をしていきましょう。基本的に最初に蛇口が取り付けられた段階はプロである業者が行っているので、すぐに水漏れしたりするようなことはありません。耐久性能としては約10年程度なので、もしもその前後ぐらいの期間が経過しているようであれば、トラブルも起きやすいだろうと思っておいて下さい。

修理をするときには、蛇口の形を見ていくところから始まります。開閉ができる部分が一つのシングルレバー混合水栓と、赤や青の二つに分かれているタイプのハンドル混合水栓に大きく分かれています。漏れていたのがシングルレバーの場合ですが、心臓部であるバルブカートリッジを交換して対処します。ハンドル混合の場合は昔ながらのタイプなので修理もそれほど難しくなく、ハンドル部分のパッキンを交換すればそれで終わりです。

作業自体はそれほど難しくありませんが、もしも女性の一人暮らしとなると交換部品を購入することすらよく分からないということも出てきます。そういった場合には無理をせずに、業者に依頼して直してもらう方が簡単ですし、きちんとトラブルの解決ができるのでおすすめです。水周りのトラブルは焦らず対処できるようにしておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *