水漏れを修理しよう

蛇口漏れの修理の作業の流れ

蛇口の漏れは定番の水周りトラブルですが、ぽたぽたと雫が落ち続けているのを放っておくと、ちりも積もれば山となる感じでじわじわと水道代がかさんでいきます。

早めの修理をすることで水道代の節約にもなるので、自分で作業をしない場合でも大まかにどのような手順で直していくのかを知っておきましょう。どんな蛇口を使っていて、どの場所から漏れが発生しているのかが分かれば、修理もスムーズに進めていくことができます。そのまま勢いで作業を始めようとすると、パーツや細かな部品を外したりするときに、勢いよく水が溢れ出してしまいます。

そのためまずやっておきたいのは、止水栓または水道の元栓を止めることを確実にすることです。せっかく作業のために部品や道具を用意していても、別のトラブルで作業が進まなくなってしまうと余計に面倒なことになってしまいます。止水栓等をしっかりと閉めることができたら次の作業に入りましょう。一度蛇口の漏れの修理を自分でできるようになれば、ある程度の作業であれば簡単に行えるようになります。

道具類もおいておくと便利ですし、パーツもいざというときのために保管しておくと、迅速に作業に取り掛かることができます。パッキンやコマなど、ない場合には必要に応じてホームセンター等に行って購入する必要もあります。勿論自分で作業するのが難しいときには、素直に業者に頼るのも一つの手なので、的確な作業をして快適な水道を取り戻しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *