水漏れを修理しよう

蛇口漏れの修理は場所を確認しよう

蛇口の水が漏れたりするのは日常茶飯事ではありますが、いざ修理をしようと思ったときには幾つか気をつけておきたいことがあります。

蛇口の漏れの箇所を予め見ておくと、修理をするときにスムーズに作業の判断をすることができます。まず、ハンドル部分からぽたぽたと水が染み出してきたりしているのであれば、コマやパッキンの部分が磨耗していることが大半なので、この部分を取り替えることになります。パイプの付け根辺りからだと、水栓とパイプを繋ぐナットに緩みがないかどうかを確認してみて下さい。緩んでいなければ、この部分のパッキンの交換です。

水栓の付け根であれば、根元のパッキンやネジ周りのシールが経年劣化していることが多いので、その部分を交換していきましょう。ハンドル下カバーからじわじわと水が染み出していたりするときは、ナット内の三角パッキンの交換で対処することができます。日常的に使う頻度が多い蛇口は、どうしても漏れたりしやすい部分です。

業者に依頼して修理してもいいのですが、何度も作業をしてもらうとなるとかなりの値段になってしまいます。自分でどこが悪いのかをチェックすることができれば、無駄なく作業するための部品の手配ができますし、交換作業自体もさっと自分のペースで行うことができます。あまりにも難しいような場所であれば、下手に手を入れるよりも業者の方が的確ですが、台所周りなど作業しやすいところは修理方法も覚えておくと便利です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *