水漏れを修理しよう

蛇口の水漏れ修理の前の応急処置

蛇口から水が漏れるのは日常茶飯事なことは否めませんが、修理をするとなると道具を用意したり交換パーツの有無を確認して、なければお店に買いに行ってというように意外と大変です。

軽くぽたぽたと雫が落ちているぐらいならまだしも、滝のように流れてきているような状態だと、バケツ等に汲んでいてもそれ以上に勿体無いという気持ちにさせられてしまいます。まず応急処置としてしておきたいのが、止水栓や水道の元栓を止めることです。軽い状態の蛇口の漏れであればまだいいのですが、修理の際にはきちんと閉めておかないとさらに溢れ出てきたりすることになります。

ただし、ここを止めてしまうとトイレなどの他の必要な部分の水も流れなくなってしまうので、早めに直せるようにしていかなくてはいけません。主に蛇口の漏れを修理しなくてはいけないときの対処としては、パッキンが劣化したり、コマ部分やその周辺のパッキン劣化や破損、バルブカートリッジの劣化や破損のために必要部品を交換するという作業を行います。

自分自身でできるような作業であれば問題ありませんし、もしも故障の程度が激しく自分では対処できないときには、必要に応じて水道関連の作業ができる業者に見てもらって作業をしてもらいましょう。作業が難しいと感じるときに自分でやろうとすると、却って上手くいかなかったり、すぐに壊れたりしてしまって無駄になってしまいます。応急処置を済ませたら適切な処置を早めに済ませましょう。
蛇口の漏れの修理のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *