水漏れを修理しよう

雨漏り時の屋根の対応

住居は生活する上で欠かせないもであり、その状態のよさも重要となってきます。

しかし徐々に老朽化や破損の危険もあり、雨漏りを引き起こしてしまうというケースも存在します。建物は耐水性も耐久性もしっかりとしているものがほとんどであり法律的にもそうなるように建築が義務付けられています。しかし屋根は日常的に風邪や日差し・雨など様々な刺激を受けており徐々にその負担も蓄積してしまいます。またそれが原因でわずかな隙間から水が浸入してしまいます。

そして濡れた部分がもろくなりさらなる悪化を招きかねません。そのため屋根の雨漏りを発見した時にはできるだけ早く対応することが大切です。その方法として最もベストなのは修理することです。しかし業者を雇ったり日にちを調整したりとある程度の時間や日数は掛かってしまいます。その間にも徐々に進行してしまうかもしれません。そのため個人でできる対応の例として、防水シートを強いておくことです。

防水シートを新推移している部分の屋根に敷いて直接雨にぬれることを避けます。しかしわずかな隙間からも入ってくるため可能なら屋根の直下にも防水シートやバケツなどを設置しておくことが大切です。それにより内部の浸水を防ぐことが可能です。また内部が木造であった場合、濡れた部分から腐ってしまい、構造的にもろくなってしまうかもしれない為用心が必要です。小さな雨漏りといえど放置しておくと大きな被害を生むかもしれません。そのため早期からの対処が大切といえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *