水漏れを修理しよう

屋根からの雨漏りの原因と対策

ほとんどの人が何らかの住宅に住んでいますが、家の一番大切な役割は雨風をしのぐことです。

ところが時折り、室内に雨が漏るという事態に遭遇することがあります。室内に雨水が入り込む経路は、ドアや窓のサッシの周辺やベランダ周りや外壁の劣化によって壁からということもありますが、一番多いのが屋根からの雨漏りです。屋根からの雨漏りの原因もさまざまで、単に経年劣化で片付けることはできません。

使われている材料は瓦やコロニアルやスレートなどと多種多様で、それぞれに適切な仕上げ方法がありますが、屋根材に合わせた適切な処理がなされていないと雨漏りが起こる確率が高くなります。もちろん経年によって塗装やコーキングの機能が徐々に落ちてくることもありますし、屋根の下の防水シートの効果がなくなることでも生じます。

加えて悪天候や事故により瓦やスレート材が破損することも、時々見られる原因の一つです。このように原因はさまざまですが、大切なことは雨が漏ることに気がついたら、すぐに修理を行うことです。部屋に直接雨が入ってこないからと言って、応急処置でやり過ごすケースが時々見受けられますが、建物の構造体の部分に水分が回ることで腐食が進行してしまいます。

このような状態を放置するとシロアリの発生にもつながり、気がついたときには手遅れになることもあります。屋根からの雨漏りは、専門的な知識を持ってきちんと修理することが必要です。発見したら素人判断で処置せずに、まずは専門家に相談するのが賢い方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *